愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

教会学校のご案内

教会学校は、幼児から中学生までを対象とした、聖書の学びをする場です。

毎週日曜日(午前9時~9時50分)、みなで聖書の話を聞き、様々な楽しい活動をしています。

教会学校の主な目的は、幼い日に聖書の教えを聞き、神と人を愛する人となること、そして、共に祈り励まし合うことのできる生涯の友(教会では“信仰の友”と言います)を得ることです。

具体的には、毎回、全員で聖書の話を聞き、祈り、讃美歌を歌う礼拝を行い、さらに、年齢に合わせたクラス(通常分級)に分かれて、聖書の学びを深めています。また、参加者の交流を深めるため、第3・5日曜は、全員で「合同分級」を行っています。

年齢に合わせて聖書の学びをするクラス(通常分級)では、紙芝居や絵本といった視聴覚教材を用いますので、小さなお子さんも楽しみながら聖書の学びをすることができます。特に、小学生以下クラスでは、毎回聖書の言葉を暗唱していますので、自分で聖書を読むことができなくても、聖書の言葉が口ずさめるようになります。自分で聖書を読むことができるお子さんには、認定証やスタンプカード等のグッズを用いて、聖書通読(聖書を始めから終わりまで通して読むこと)を勧めています。

合同分級では、科学工作を中心に、楽しくてためになる取り組みをしています。年齢・性別を超えた交流を深めるために、未就学児から中学生までが全員で同じ取り組みをしています。小さなお子さんは、観察を通して上級生から様々なことを学んでいますし、上級生が下級生の面倒を見る良い機会にもなっています。工作を中心とした取り組みをしているのは、何かを作り上げることを通して創意工夫を生み、物を大切にする心を育むためです。小さなお子さんも等しくその喜びに与れるよう、必要に応じて工作のパーツを用意しています。

教会学校は、対象年齢のすべてのお子さんに開かれた学校ですので、入学手続や事前の参加申込は一切必要ありません。
また、入学金や参加費もありません。(礼拝の中で献金がありますが、献金は金額に決まりがあるものでありませんので、神への感謝のしるしとして自由にささげています。)
聖書や讃美歌、その他必要な教材は教会備え付けのものをお使いください。

初めての方は、午前9時までに当教会の2階礼拝室にお出でください。
礼拝は、プログラムにそって進めています。
聖書や讚美歌の開け方など、その都度案内いたしますので、ご安心ください。保護者や付き添いの方の出席も歓迎いたします。

礼拝の最後には、毎回、聖句カードと出席シールを配布しています。初めてのお子さんには、聖句カードフォルダーをプレゼントしています。

AVACOの聖句カード カラフルなかわいらしい絵とともに、毎週異なる聖書の言葉が印刷されたAVACOの聖句カードを配布しています。
カードフォルダー 1年間52週分の聖句カードを十分保存できるカードフォルダーを用意しています。(写真は一例です。)
教会学校出欠カード 毎月、表面には聖書の言葉を、裏面にはシール貼付箇所を印刷した出席カードを、配布しています。
毎週、出席したお子さんにシールを配布しています。

また、当教会図書室には児童書コーナー「こひつじ文庫」があります。
こひつじ文庫には、890冊の児童書が揃っています。
教会学校に通うお子さんには、1週間を期限とし、1人3冊まで本の貸出をしています(本の一般貸出は行っていません)。

> 「こひつじ文庫」のご案内

どうぞ、八事教会の教会学校にお出でください。
ご来会を心よりお待ちしています。

詳しい活動内容は、以下のページをご覧ください。

> 教会学校の礼拝と分級
> 教会学校のイベント

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

PAGETOP