愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

礼拝のプログラム

週報中面-礼拝プログラム

週報に記載されている礼拝プログラム

八事教会の基本的な礼拝プログラムです(第1日曜は、礼拝において聖餐を守っています)。礼拝は、毎週日曜日(午前10時30分-正午)に行っています。

受付で、礼拝プログラムを印刷した週報をお受け取りください。礼拝はプログラムにそって進みます。礼拝は基本的に着席したままで行いますが、讃美歌等起立する個所はプログラムに☆印を付しています。可能な方は、プログラムの☆印の個所でご起立ください。

前奏 オルガンによる前奏をもって礼拝を始めます。
黙想をし、心静かに礼拝への備えをします。
招詞 礼拝への招きの言葉として、司会者が、旧約聖書の詩編100編を朗読します。
讃詠 礼拝の招きへの感謝の応答として、全員で神をほめたたえる賛美をします。
開会祈祷 神をほめたたえ、主が臨在し、聖霊を通して礼拝を導いて下さるよう、司会者が祈りを捧げます。
主の祈り 主イエス・キリストが、弟子たちに教えられた祈りが主の祈りです。主の祈りを全員で声を合わせて祈ります。(※)
使徒信条 聖書の教えに基づいて、教会が信じる信仰を要約した使徒信条を、全員で声を合わせて告白ます。(※)
十戒 十戒は、神がイスラエルの民をエジプトから導き出されたとき、御自分の民に、「心と精神を尽くし、また、力と思いを尽くして主なる神を愛すること、隣人を自分のように愛すること」を教え命じられたものです。全員で声を合わせて唱えます。(※)
讃美歌 全員で讃美歌を歌い、神をほめたたえます。
聖書朗読 旧約聖書の説教を行う場合は関連する新約聖書を、新約聖書の説教を行う場合は関連する旧約聖書を朗読します。
祈祷 聖書の説き明かしをする説教者と、礼拝に集い説教を聞く全ての人の上に、聖霊の働きがあり、真理を悟ることができるよう、説教者が祈りを捧げます。
讃美歌 説教と関連した讃美歌を全員で歌い、神をほめたたえます。
聖書朗読 説教者が、説教する聖書箇所を朗読します。
説教 神はどのような方なのか。どのような救いを与えておられるのか。今私たちをどのように導いておられるのか。 聞く人が、理解し、イエス・キリストに従って生きることができるよう、聖書の教えを明らかにします。 説教は、礼拝の中心であり、最も大切なものです。
祈祷 説教で語られた内容を信じ、イエス・キリストに従って生きることができるよう、説教者が神の導きを祈り求めます。
讃美歌 説教と関連した讃美歌を全員で歌い、神をほめたたえます。
献金 神とキリストへの感謝と献身のしるしとして、ささげものをします。
感謝祈祷 神の導きに感謝し、献金が、ふさわしく用いられるよう、献金の奉仕者が祈りを捧げます。
頌栄 全員で神の栄光をほめたたえる賛美をします。
祝福と派遣 礼拝に出席した人が、一週間、励ましと導きを受けて歩むことができるよう、牧師が聖書にもとづいた派遣の言葉を述べ、神の祝福を求める祈りを捧げます。
後奏 オルガンの奏楽とともに黙想し、礼拝で受けた恵みを感謝します。
報告 翌週の礼拝の案内や、教会行事の案内等を行います。 教会活動への参加を通して、神の祝福に招き入れられるよう、すすめがなされます。

※主の祈り・使徒信条・十戒は、受付でお渡しする週報裏面に印刷しています。
※八事教会では新共同訳聖書と讃美歌21を用いています。聖書・讃美歌をお持ちでない方は、受付でお貸しいたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

PAGETOP