愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

2015年11月の聖書の言葉

2015年11月の聖書の言葉

わたしを見出すものは命を見出し
主に喜び迎えていただくことができる。
(箴言8:35)

日本キリスト改革派八事教会 2015年11月聖書の言葉

前穂高岳(吊尾根から撮影)

多くの人は、時代の流れや状況に適った行動を積み重ねることによって幸いを得ようと努力します。そして、自身の人生に、それが誠実で責任ある生き方であると考えて生きています。その様な生きるための知恵を、自分の子どもたちにも、必要なものとして伝授しようとします。それは確かに大切なことです。しかし、人間の生きる意味を知る本当の知恵は、そうした人間の営みの中ら生じるものではなく、創造者であり、人に命を与えた神から来ることを、この箴言の言葉は明らかにしています。つまり、人間は自分に命を授けた神を見出し、命の主である神が授ける知惠に従って命を見出す以外にないことを教えています。わたしたちの生きることの喜び、確かさ、平安は、わたしたちに命を授けた神の懐に抱かれる時に与えられるものです。しかし、それは命の主である神を探求する生の営みの中で発見するものです。そこに信仰者としての主体的な生き方が問われています。真の神を見出すものは命を見出し、既に、主なる神に喜び迎え入れられています。その様に主なる神に取り扱われていることを喜ぶ人生がここに約束されています。

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

PAGETOP