愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

2020年11月の聖書の言葉

2020年11月の聖書の言葉

道しるべを置き、柱を立てよ。
あなたの心を広い道に
あなたが通って行った道に向けよ。
(エレミヤ書31章21節)

薬師岳頂上(2020.8.21撮影)

これは捕囚とされたイスラエルの民に、「帰還の約束」を語った預言者エレミヤの言葉です。「道しるべ」は、人が道に迷わないようにするために置かれます。帰還の民にとって、もときた道を通って迷わず帰るためには、道しるべの柱が立てられていなければなりません。それと同じように、わたしたちの人生も道しるべを失いますと、正しく歩めません。神が与えてくれる道しるべは、御言葉(聖書)です。そこに教えられている言葉を通し、道を踏み外さないで、喜びをもって生きるために、心をその「広い道に」向ける必要があります。その道を既に歩んで来た者には、あなたの心を「あなたが通っていった道向けよ」と神は言われます。わたしたちの人生に必要なのは、神から賜る聖書という道しるべです。

今月の聖書の言葉

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

今月の聖書の言葉

  • facebook
PAGETOP