愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

2019年11月の聖書の言葉

2019年11月の聖書の言葉

抜き、壊し、滅ぼし、破壊し
あるいは建て、植えるために。
(エレミヤ書1章10節)

神がエレミヤに与えた任務は、諸国民に対する預言者になることです。彼が預言者として召されたとき、ユダはアッシリアの属国となっていました。ユダの存立とその運命とは、ユーフラテス及びナイル両河畔の大帝国の歴史と密接に結びついていました。そして、必然的に、預言者のことばが諸国民の歩みとの関わりの中に組み込まれることになりました。このような普遍的な任務が預言者に課せられた理由は、全世界の主としての神が歴史を支配する主権者であられる、という事実の中にあります。だからエレミヤは、神の側に立って世界のすべての民族と対峙するものとなります。しかし、彼は、その召しに素直に従ったわけでありません。この神のことばは、彼には負いきれない重荷としてのしかかり、苦悩の呻きが胸を突き、神のこの委託から逃れたいというのが、エレミヤの最初の反応でありました。エレミヤに与えられた使命は、「抜き、壊し、滅ぼし、破壊し、あるいは建て、植えるため」です。彼が取り次ぐ神のことばは、災いと救いをもたらします。この句は、エレミヤ書の主要テーマを語っています。それが、どのようになされるか24章において述べられています。まさに、壊すことによって建て、滅亡の真っ直中で新たな生を創造される神の恵みは、審判の中で働く神の摂理的・主権的な秘儀として示されます。この深い神の秘儀を諸国民に伝えるために、エレミヤは神の証人として選ばれたのです。しかしその使命ゆえに、彼の苦悩が続きますが、その苦悩を、神はまたご自身のこととして引き受けられます。壊しまた建てるという苦悩の中から救う神を指し示すためにエレミヤは預言者として立てられたのです。自らの苦悩を通して、その弱さの中で、その弱さを担い救う神を指し示す働きを担わされたのです。そして、神は、イエス・キリストにおいて、わたしたちの弱さを担っていてくださっています。

今月の聖書の言葉

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

今月の聖書の言葉

  • facebook
PAGETOP