愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

2017年8月の聖書の言葉

2017年8月の聖書の言葉

信じなければ、あなたがたは確かにされない。
(イザヤ書7章9節)

黒部川源流と黒部五郎岳(左)、鷲羽岳山頂から撮影

どの時代にあっても、小さな国、力の弱い国は、一番強い国との関係を意識しながら生き延びる道を模索するのが常です。その国に従属する道か、あるいは、その巨大国家と対抗するために小さな国同士が同盟を結ぶことによって、その危機をのりこえようとします。個人の生き方や社会組織の問題についても同じことが言えます。ユダの王アハズが国を治めていた時代、北の超大国アッシリアがパレスチナの国々を攻め支配する脅威の中、パレスチナの小国は同盟を結び、ユダにもこれに加わるよう求めましたが、どっちつかずの判断をしていたアハズに、決断を迫る攻撃を加えてきましたので、王の心も民の心も森の木々が風に揺れ動くように動揺しました。その時、イザヤは、神の導きを信じて、「落ち着いて静かにしていなさい」、「信じなければ、あなたがたは確かにされない」と王に告げました。世界に主権を持っているのは世界の創造者である神です。イザヤはその視座から彼らの時代の問題を見るようアハズの信仰の喚起を促し、神のしるしを求め信じることを求めました。しかし、アハズは神のしるしを求めませんでした。神が与えるしるしは、「インマヌエル」という子の誕生です。その名には「神はわたしたちと共におられる」という意味があります。この神の前に、「信じなければ、あなたがたは確かにされない」といわれているのです。神の導きを信じる者に、インマヌエルとして生まれられた救い主イエス・キリストが与えられています。

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

PAGETOP