愛知県名古屋市昭和区のプロテスタントのキリスト教会

2020年4月の聖書の言葉

2020年4月の聖書の言葉

主に望みをおき尋ね求める魂に
主は幸いをおあたえになる。
(哀歌3章25節)

前剱の門のクサリ場(前剱頂上付近から撮影)

これは破局を経験した者の言葉です。彼はその体験を、「わたしは主の怒りの杖に打たれて苦しみを知った者」という言葉で表しています。人生の破局が、単なる不幸や失敗ではなく、主なる神の怒りに打たれたものであるなら希望が残ります。彼は、苦悩を与える神に、「やつは、あいつは…」と敵意を向けて生きていました。疲労と欠乏で、死の淵に追いやられ、ついに「わたしの生きる力は絶えた」と絶望の叫び声を上げました。しかし、その絶望の叫びの後で、「ただ主を待ち望もう」と、はじめて主の名を呼び、主にある希望に生きようと転換を図ろうとしました。3章20節の「わたしの魂」は、ヘブル語本文は、「あなたの魂」です。彼の苦汁、欠乏、貧困の時、忘れず覚えていたのは、あなた(神)です。神ご自身がわがうちにうなだれ、わたしの上に覆い被さってくださっていたのです。今まで、神に背を向けて、倒れ伏している人間を覆って、その上にかがみ伏す神を知り、彼は絶望から希望へ生きる人間へと変わり、「主に望みをおき尋ね求める魂に主は幸いをお与えになる」と語る人間に変えられました。わたしたちは、容易に自分を変え絶望すべき状況を変えることはできませんが、主の恵みの力はそれを変えることができます。この恵みに目を向けて生きることを神は求めておられます。

今月の聖書の言葉

お気軽にお問い合わせください TEL 052-751-8360

今月の聖書の言葉

  • facebook
PAGETOP